• 穴八幡宮
  • 穴八幡宮 拝殿
  • 穴八幡宮 境内
  • 穴八幡宮 境内の露店

穴八幡宮


商売繁盛・開運には早稲田の穴八幡宮へ

早稲田大学のキャンパス近く、新宿は西早稲田に鎮座する穴八幡宮。その創建は平安時代、奥州の乱を鎮圧した源義家が凱旋の際に、兜と刀を納め、八幡神を祀ったのが始まりと言われます。ちょっぴりトリッキーな名称と感じてしまう穴八幡宮ですが、江戸時代に境内南側の崖を整地していた時、見つかった横穴から金銅の阿弥陀像が現れたことから「穴八幡宮」と呼ばれるようになったそう。出世、開運、商売繁盛、金運上昇、虫封じにもご利益があるとされています。元禄年間には冬至に穴八幡宮を参拝する習慣も。それはこちらの神社で冬至の日に行われる「冬至祭」に由来します。

穴八幡宮の一陽来復お守り

江戸元禄年間から続く穴八幡宮の一陽来復お守りの授与。一陽来復は、冬至を境に日が一日一日と長くなることを意味する中国の易の言葉で、凶事が去った後は良いことが巡ってくるという意味。頂いたお守り(お札)は、その年の恵方へ向けて、冬至、大晦日、節分の3日間のいずれかを選び、深夜12時、例えば大晦日なら1月1日、節分であれば2月4日の午前0時に、柱や壁の高いところにお祀りすると金銀融通が良くなると言われています。

今年の恵方はどっち?お札の貼り方はどうしたらいいの?という方、ご心配なく!お守りを拝受する際、説明書きを一緒にいただくことができるので、詳しくはそちらをご覧くださいね。2017年の金運アップを祈願したい方はぜひ!2月3日の節分までお授けいただけます。

冬至から節分まで、一陽来復お守りの頒布期間は、御朱印の対応は行なっていないそうです。御朱印はまた日を改めて伺おうと思っています。


穴八幡宮 一陽来復お守り

穴八幡宮 あなはちまんぐう

主祭神:応神天皇・仲哀天皇・神功皇后
例祭:冬至祭
初穂料:一陽来復御守 ¥800 一陽来復懐中御守 ¥300
東京都新宿区西早稲田2-1-11
東京メトロ東西線 早稲田駅 徒歩5分

SPONSORED LINK
新宿区にある社寺 こちらもどうぞ!

百発百中祈願で的中率アップ!皆中稲荷神社
皆中と書いて「みなあたる」から、よく的中するご利益が!宝くじ、試験の山、アイドルのライブチケット…当てたい!方はぜひお参りして射止めちゃって下さい! ... READ MORE

SPONSORED LINK
期間限定の御朱印については… こちらもどうぞ!

夏の風物詩 川崎大師風鈴市
北は小樽風鈴から南は沖縄びーどろ風鈴まで3万個の風鈴が勢ぞろい!涼感のある音色が良い耳心地!風鈴市の期間限定御朱印もいただきました ... READ MORE

烏森神社 夏越大祓御朱印
2016年折り返しの6月30日、上半期の穢れをお祓いすべく夏越の大祓へ。茅の輪神事は、茅を束ねて人が通れる大きさの茅の輪をつくり、そちらをくぐることで罪穢れを祓って無病息災を祈るというもの ... READ MORE