• 新宿山ノ手七福神 善国寺 X70で撮影
  • 善国寺の石寅 新宿区文化財に指定 X70で撮影
  • おしゃれな町、神楽坂にあるお寺 - 善国寺

善国寺


2017年12月、新宿の神社・お寺を巡るご朱印散歩に出かけました。早稲田の穴八幡宮をスタートし、神楽坂のあかぎ児童遊園(←シュールな象さんの滑り台を撮りたかった!)を経由して、赤城神社と善国寺へ。善国寺境内の案内板に「神楽坂の毘沙門さま」として江戸時代から信仰されているとの記載があり、帰宅後、調べて見ると新宿山ノ手七福神の毘沙門天ということが判りました。そんな流れから、2018年の七福神めぐりは新宿七福神を歩いてみよう!ということに。

オシャレな町、神楽坂にあるお寺・善国寺

神楽坂を進むとちょうど中ほどに朱塗りの山門が見えてくる。善国寺の起源は、文禄4年(1595年)、日惺(にっせい)上人が家康公に天下の安泰を祈祷するよう命じられたことにより創建。江戸時代から信仰をあつめる毘沙門天は、30cmの木像で、右手に鉾、左手に宝塔を持ち、磐座に立ったお姿で、お正月、5月、9月の初寅の日にご開帳される。また善国寺のご本堂前には、狛犬ならぬ狛寅が睨みをきかしている。こちらの石寅 いしとらは、寛永元年(1848年)に周辺の住民から奉納されたもの。右側の阿形が82cm、左の吽形が85cmで、台座を含めた高さは2mを超えるそう。毘沙門天像、石寅ともに新宿区指定の文化財。

新宿山ノ手七福神・毘沙門天

新宿山ノ手七福神は年間を通じて参拝できる。こちら善国寺の毘沙門天は、昭和9年より新宿山ノ手七福神の1つに。

新宿山ノ手七福神・神楽坂からのルート: ①善国寺・毘沙門天 → ②経王寺・大黒天 → ③厳嶋神社・辨財天 → ④永福寺・福禄寿 → ⑤法善寺・寿老人 → ⑥稲荷鬼王神社・恵比寿神 → ⑦太宗寺・布袋和尚 の順で参詣することに。

新宿山ノ手七福神

通年
9:00〜17:00
色紙 500円、宝船 1,000円、ご神像 各300円
御朱印 各300円
新宿山ノ手七福神めぐり


善国寺 毘沙門天御朱印 - 新宿山ノ手七福神

善国寺 毘沙門天御朱印 新宿山ノ手七福神

善国寺 ぜんこくじ

宗派:日蓮宗
本尊:大曼陀羅 | 毘沙門天
朱印料:¥300
東京都新宿区神楽坂5-36
東京メトロ東西線 神楽坂駅・都営大江戸線 牛込神楽坂駅
善国寺

SPONSORED LINK
新宿山ノ手七福神 ②経王寺

火伏せの大黒天
大久保通りから細い階段を上がると本堂、その右手に大黒様をお祀りしたお堂がある。大黒様の打ち出の小槌は願いを込めて3回降ると成就すると言われる ... READ MORE

SPONSORED LINK
新宿山ノ手七福神 ③厳嶋神社

抜弁天として知られる小さな神社
抜弁天として知られる新宿・厳嶋神社の弁財天は苦難を切り抜ける弁天様として昔から信仰をあつめる。小さいながらも美しい神社 ... READ MORE